はなはなびより

Top Page › チョコ › 「10月10日日中だけ帰宅したチョコ」と「池坊研究会」
2020-10-11 (Sun)  23:29

「10月10日日中だけ帰宅したチョコ」と「池坊研究会」

10月10日

チョコを日中だけ家に連れて帰ることが出来ました

看護婦さんから、液体高カロリーフードを受け取り与え方を伺いました

タオルに包まれたチョコ抱え
雨に濡れないように気を使いながら
車に乗りこみ連れて帰りました

体の自由が利かないチョコですが
利くほうの手足で動くの
縁の付いたドライビングベットに寝かしました
この日は、とても寒かった
私たちは大丈夫でしたが、チョコが心配で
今季初めて、暖房を入れました
暑すぎないように寒く無いように
スイッチを入れたり、切ったり調整をしました

2時間くらいたつと
悲鳴のような鳴き声をあげました
たぶん、同じ体制が痛く辛いのだと思い
強く触ると壊れてしまいそうなチョコの体を慎重に抱きかかえ、
あやしては
体の向きを換えました

また、2時間くらいすると
悲鳴のような鳴き声をあげ
同じく抱っこをしてあやし、体の向きを換えました

抱っこをして、(雨で出ることは出来なかった)庭を眺めさせたり
ももちゃんの仏壇をお参りしたりもしました


ほとんど、寝ている・・

看護婦さんが「声を出して鳴きますよ」と、おっしゃっていたけれど・・
声は悲鳴のような声で
以前、私に向って「く~んく~ん」抱っこをせがんだ時とは、違っていて
ショックを受けました
20201005001.jpg
入院から1週間ほどたったころ↑より
あまり良く無いようにかんじました

体はかなり痩せて骨ばり、顔にも痩せたときに出来る独特のくぼみが見られました

2020101002.jpg
固まってしまった右足は突っ張って伸びたまま
気付くたびにマッサージをしましたが固く伸びたまま

ただ、そばに居ただけで
あっという間に約束の時間

注射や点滴をしてもらわないとなりませんし
土曜日ですので、病院は5時まで
その前に連れて行くことになっていました

病院へ戻る準備をしていると
殆ど食べていないチョコが嘔吐をしようとして
夫二人で大慌て
また、悲鳴のような声をあげたり、ワンワンと吠え
急いで抱っこをしてあやしました

もし、意識があったのなら
自由にならない体を嘆いたのかもしれません

結局、この日は
水は、フードボウルから3度飲ませることが出来ましたが
液体高カロリーフードは、飲みませんでした



看護婦さんが
「チョコちゃん、今日は本当に良かったね。嬉しかったね。」と
嬉しかったのはチョコではなく、私でした

家に連れて帰れて良かった

先生から、この日の朝、チョコが良いウ○○をしたことを伺いました
「腸が動いてきたのかもしれませんね」と看護婦さん

そう言えば、家に居たときオナラをした
でも、吐きそうになった・・し・・

大した脳みそを持たない私の頭で色々、考えたけれど・・・
何も分かりません
ただ、祈るだけです

夫は、チョコを見ながら涙をこぼします
辛くて仕方ないのです
私も同じです



10月11日
なんとなく、やる気が起こらず・・
池坊研究会を欠席しようと考えていた私
夫が「なるべく、いつも通りに過ごしたほうが良い、やるべきことは、したほうが良い」と

そうかもしれない・・

2020101101.jpg

生花新風体
庭の植物を採り
黄色くなったフトイ、ゼラニウム、カシワバアジサイの紅葉葉で生けました

迷ったけれど、会場に行けば
皆と話したりして気が紛れました

日曜日は、病院がお休みなので遠慮しましたが
明日、また、チョコに会いに行ってきます



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ミニチュア・ダックスフンドランキング

犬との暮らしランキング
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-10-11