はなはなびより

Top Page › チョコ › 「チョコのセカンドオピニオン」と「スイレン咲きました」
2020-05-24 (Sun)  22:05

「チョコのセカンドオピニオン」と「スイレン咲きました」

歯茎の赤味が取れないチョコ
「歯を抜くようになったら、怖い」という夫を説得して
昨年2月まで、かかりつけ病院に勤務していたのですが
今は独立をされた先生の病院へ行きました

途中、ちょっとだけ、同じ市内に住むkeikoさんのところのサン君に会わせてもらいました
可愛い~♡
20200524007.jpg
一声も吠えず、大人しく抱っこされていたサン君
小さくて、顔はチョコの鼻先くらいしかありません

可愛いサン君とお別れして動物病院へ

病院では今までの経過を説明するために明細を持参したのですが
なんと、3月24日に受けた健康診断の結果を持っていくのを忘れてしまいました(-_-;)
病状によっては血液検査もしてもらう覚悟でしたが、そこまでは大丈夫でした

高脂血症と尿結石のことを説明し
お口の中を診てもらいました

診たては、ほぼ、かかりつけの先生と同じ
年齢的に麻酔のリスクが高いので抜歯などは難しく
特に犬歯のところが炎症しているので
犬歯の抜歯となると更に大変になるらしい
今までは2週間の効き目がある抗生物質の注射をしてもらっていましたが
歯の炎症に効果がある飲み薬の抗生物質を1週間分処方されました

それから、体の隅々を触診してもらい
気になっていた脂肪腫をチェック
「目も前より白くなったね」と・・


20200524004.jpg
(サングラスの下の可愛いおめめは白内障です)

耳のチェック、爪切りもお願いしました

「老犬になり免疫力が落ちているので、歯にばい菌が入り炎症を起こしやすい」
「14歳は、かなりの老犬です」と言われました

足は達者で散歩でも良く歩きますが老犬なのですね
散歩でグレーチングを飛び越えるとき
気持は飛び越えられるつもりなのですが、失敗することも多いのよね
目が良く見えないこともありますが
人間と同じで
気持は若いつもりですが、体が付いていかないということもありますね


20200524006.jpg
もっと、一緒にいたいです

診たては、ほぼ、かかりつけの動物病院の先生と同じでしたが
丁寧な診察と親切な対応
分かりやすい説明
セカンドオピニオンを受けて良かったと思っています




金魚鉢に植えてあるスイレン↓に蕾がついています

20200524001.jpg

朝、見たときには、うっすらピンクが見えました
20200524002.jpg

お昼頃、開花
20200524009.jpg
可愛いピンクのスイレンが咲きました

金魚と一緒なので肥料などは与えはいません
スイレンって、株の中心部分に日が当たると良く育つって聞いたことがあります
葉の形も可愛らしくて、金魚にぴったりですね


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-05-24

Comment







管理者にだけ表示を許可