はなはなびより

Top Page › チョコ › チョコの尿検査と私のトラウマ
2020-02-18 (Tue)  19:03

チョコの尿検査と私のトラウマ

土曜日にシャンプーをしたチョコ
肛門腺絞りと爪切り、そして一番の目的は尿検査のた
公園で採尿をし朝一番で動物病院へ行きました


鹿ジャーキーが大好きで、おねだりに負けてしまい与えていたので
ちょっと心配でしたが
結果は今回も問題無しでした
IMG_5930.jpg

そして、続いて
爪切りから・・

もう、怖くて診察室から出た私(変でしょ・・でも、怖いのよ💦)
爪切りも時々深爪して血が出たり悲鳴を上げたりするでしょ

ももちゃんが点滴通院していたとき
針を刺すたびに「きゃ~ん」と悲鳴を上げたの
とても、辛くて泣きたくなってしまいました

それは、悲鳴を上げるほど点滴が嫌いなももちゃんが
治る治療方法がなく点滴が命綱だったこと
痛い思いをさせても治らないということが辛かったのよ

耳を塞いだり、点滴が終えるまで病院の玄関外で待ったりしていましたが
(前から、もも・チョコの悲鳴は苦手だったのですが)
ももちゃんが亡くなってから
前にもまして・・辛くて怖くなってしまいました

「オバチャンが、何を甘えているんだ」って、ことですよね(恥)

ももちゃんがいないことは悲しいですが
私はペットロスではないと思います
なのに、とても、辛いのですよ


・・・で、
実は朝一番の診察時間に合わせて夫にも一緒に行って貰いました((-_-;))

夫が先生に
「爪切りを見ることもできないのだそうです」と笑って言う
黙っていてほしい(怒)

先生にちょっと、事情を話すと

「トラウマかな~」なんて、穏やかにおしゃって
看護婦さんたちもいらしたので

「オバチャンなのに変ですよね」なんて笑って答えましたが
本当にそうかもしれないと思います


IMG_5918.jpg
動物病院の後
夫は会社へもどり
私はチョコを家に送り届け
会社へ向かったのでした


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-18